ちよだ生涯学習カレッジ

2年制で、授業は全36回、月2回夜の新しいタイプの区民カレッジです。独自のカリキュラム、第一線で活躍する実力派の講師陣、同じ志を持った魅力的な新しい仲間と濃密な2年間が過ごせます。

お知らせ

一覧を見る

ちよだ生涯学習カレッジについて

基本理念

東京の中心地「千代田区」は江戸以来の歴史・文化を豊かに継承しつつ、2020年のオリンピック・パラリンピック開催都市を経て、さらに新しく変化し続ける国際都市です。この変化に対応し、学び続けることが欠かせなくなる社会では、大人が自ら学び、同じ目的を持つ仲間を見つけ、仲間とともに学び合い、一緒に何かを創る場が必要になってきます。学びは、コミュニティ自体に課題解決能力や新しい価値を生みます。
ちよだ生涯学習カレッジは学びで人と地域をつなぎ、グローバルとローカル、社会と個人の交流の場となることを目指し、学びを地域に還元し、「これからの千代田」を担う、社会貢献に積極的な人材をサポートします。生涯学習によるまちづくりやそのプラットフォームとなることをめざします。

3つの方針

千代田区・地域・コミュニティ
(Globalism&Localism:グローバリズムとローカリズム)

  • 千代田区の伝統~歴史・文化~
  • 千代田の今~都市計画やまちづくり、教育~
  • 地域の捉え方、関わり方
  • Think globally, act locally
    (地球規模で考え、足元から行動する)

学ぶ、つながる、続ける
(Active learning:アクティブラーニング)

  • 大人の学び、学びあい
  • 地域で学ぶこと、学べること
  • 学びのつながり、広がり
  • 学んだことをどう生かすのか、仲間作り
  • 続けていく必要性、重要性

プロボノ精神
(Speciality&Work life balance:
スペシャリティとワークライフバランス)

  • 専門性を生かすこと
  • 社会貢献での生きがい
  • 本業や家庭へのフィードバック
  • キャリア形成
  • プロボノ=職業上持っている知識、スキルや経験を、公共的な目的のため貢献するボランティア活動

学長からのメッセージ

平成28年に開講された本カレッジは、平成30年夏に「学びと地域のコーディネーター養成」コースの最初の卒業生を送り出し、さらに2コース目として「千代田まちマイスター」コースを増設することとなりました。
今後、卒業生が「学び」と地域づくりを担うコーディネーターやボランティアとして、また千代田区を語ることの出来るマイスターとして、それぞれ活躍されることを期待しております。
本カレッジは、そうした人材養成を通して、これからの千代田区の文化的発展に寄与することを目的に開設されましたが、同時に学生の皆様の「学び」の深化を図ることも重視しています。
ここでは、そうした「学び」を支援するために、各コースに「基礎」と「専門」という二つの科目枠を設定し、アクティブ・ラーニングも採り入れたカリキュラムを用意しております。
これから、新たな「学び」による千代田区デビューを求める多くの方々の入学をお待ちしております。

佐藤 晴雄(日本大学 文理学部教育学科教授)

お問い合わせ先

ちよだ生涯学習カレッジ事務局

102-0074 千代田区九段南1-5-10
千代田区立九段生涯学習館内

TEL03-3234-2841
(午前9時~午後9時)
第3月曜日(祝日の場合は次の平日)、12月29日~1月3日は除く

FAX:03-3262-7460
E-mail: chiyoda-college@shopro.co.jp

公式facebook